インストラクター

マジハルナ(Haruna Maji)

Yoga講師
担当クラスAsana、Pranayama そして瞑想へ

「何のためにYogaをしているのか」
いつでも自分に問いながら…

lヨーガとの出会い

踊りを追求する過程でヨガと出会い、その無限の可能性に心惹かれ学びを始める。LAVA最優秀インストラクターとして2009年3月にはバリ島でのトレーニングに参加。またトレーナーとしてインストラクターの指導もつとめる。
「ヨガの叡智をいかに日常に浸透させるか」をテーマに、オーガニックコスメ製作やクリスタルを使用したヒーリングなども実践。
自身の約15年におよぶ指導経験や練習から学び得たことを共有すべく活動している。ハードだけれど癒される、身体的な変化を感じやすい的確で柔軟な指導が人気。

l経歴・資格

アシュタンガヴィンヤサヨーガ、ハタヨーガ、呼吸法、瞑想、ヒーリングなど、多くの先生にご指導いただき、ヨーガ歴15年になります。

lみなさんへのメッセージ

このご縁に感謝いたします。
私がYogaに出会ったのは15年ほど前のことです。
振り返れば、今まで生きてきた全ての時間にYogaの教えがつまっており、関わりのない出来事など何一つないという思いに至ります。
“現実をいかに快適に生きるか”
私は練習において、これを一つの指標にしていますが、そこには進化を続けることが必要不可欠だと感じています。常に自分自身を澄ましていくように、いつでも気づきの視点をもって生きていたいものです。
アサナの練習をしていると、常に自分を観察する視点が養われ、多くの感覚に触れることが容易くできるようになり、その感覚はより微細な領域へと私たちを導いてくれます。ただアサナの練習をすることが最終目的ではないということを忘れてはなりません。私たちは習慣と引き換えに、目的を忘れがちなものです。
「何のためにYogaをしているのか」
いつでも自分に問いながら丁寧に生きる日々は、どの瞬間を切り取っても美しく輝きを見出すことができるでしょう。
人生はなんて素晴らしいものなのでしょうか…皆でそんな想いを抱きながら同じ時間を過ごせることを心待ちにしております。

lクラス紹介

「Asana、Pranayama そして瞑想へ」

ヨーガの向かう先、「いかに本質に気づきながら生きてゆくか」 そのために、Asana(ポーズ)で心身を調和へとバランスさせます。 Pranayama(呼吸法)でさらに自身の深淵へと意識を導き、瞑想で本質へと触れにゆきます。